動脈硬化性疾患が疑われたら血管超音波検査、PWVなどを行います
マルチスライスCT

心筋梗塞や脳梗塞に代表される動脈硬化性疾患の死亡率は約30%と非常に高く、この数字は日本人の2人に1人がかかるとされる「がん」とほぼ同じとなっています。

動脈硬化の検査には、生理学的検査法として、動脈脈波速度(PWV)、サーモグラフィ、血管内皮機能検査などがあり、形態学的検査としては、血管超音波検査、マルチスライスCT(MDCT)、MRI、MRAなどがあります。

まずは患者さんの身体的な負担が少ない血管超音波検査、PWVなどを行い、引き続いて、MDCTや血管内皮機能検査などが実施され、これらで異常が認められたときに、確定診断や治療方針の決定のために冠動脈造影検査や血管内超音波検査が行われます。

頸動脈超音波検査は、大型の検査機器を必要とせず、場所を選ばずに短時間で実施できるため、動脈性硬化疾患が疑われた場合に最も普遍的に行われている検査です。検査結果は視覚的にもわかりやすいので、患者さんの治療に対する動機づけにも有用です。

心拍出によって生じる動脈脈波速度(PWV)は、動脈の硬化を反映します。しかし、動脈の内膜にコレステロールなどで作られた粥状物質が溜まる「アテロームアテローム動脈硬化」は反映されないので注意が必要です。特に血圧の影響を受ける可能性があり、同一個人での経時的変化を見る場合には、血圧の変化に注意して判断する必要があります。

動脈脈波速度(PWV)で同時にABIという指標を得ることができます。ABIは、末梢動脈疾患である閉塞性動脈硬化症(ASO)の診断として有用で、ASOが疑われる場合には必ず行われます。ABIの数値が0.9未満の場合には、末梢動脈のドップラー超音波検査を行います。

血管内皮機能を調べるためには、内皮細胞から分泌される一酸化窒素(NO)の放出による血管拡張反応をみるのが一般的です。従来は、動脈内にカテーテルを挿入し、アセチルコリンを投与して、血管拡張藩王を観察するのが一般的でしたが、現在は、上腕部の血流を専用の機器で遮断・解放することで、上腕部の動脈の拡張の程度を超音波でみる「血流依存性血管拡張反応(FMD)」という方法が一般的となっています。

CT検査は、一般的に脳のCT撮影が行われますが、これは動脈硬化の検査というよりも、動脈硬化性疾患の結果として異常の判断に用いられます。マルチスライスCT(MDCT)は、最近多くの医療機関で可能になった非侵襲的検査であり、冠動脈の動脈硬化性病変を映像化できる検査として注目されています。

しかし、被ばく量の問題、心拍数抑制の問題などの課題もあるため、動脈硬化リスクの高い患者さんに限定して行われるべき検査です。