動脈硬化が進行して発症する虚血性心疾患、脳血管障害など
激しい胸痛が特徴

全身に血液を送り出すため、約10万回/日の収縮・拡張を繰り返している心臓に酸素や栄養を運んでいるのが、心臓の周囲を取り囲んでいる「冠動脈」です。

動脈硬化によって冠動脈が狭窄を起こすと、心臓に運搬される血液が不足してしまい、突然の激しい胸痛が起こります。これが「狭心症」です。

動脈硬化がさらに進行し、冠動脈が完全に塞がってしまい血流が途絶えてしまうのが「心筋梗塞」です。心筋梗塞の状態になると、心臓の活動に必要な酸素と栄養が不足して、細胞が壊死してしまいます。大量の細胞が壊死を起こすと、心臓の収縮。拡張機能が損なわれてしまうので、治療が遅れると死亡することもあります。

狭心症も心筋梗塞も、主に動脈硬化が原因で冠動脈が狭くなったり、塞がったりして、心臓に十分な血液が運ばれなくなることで発症することから「虚血性心疾患」と呼ばれています。

心筋梗塞の発作で起こる胸の痛みは、焼けるような激しい痛みだったり、圧迫感を伴うのが特徴です。同じような症状でも15分以内に発作が治まる場合は狭心症の可能性もあります。しかし、それ以上の時間持続する場合は心筋梗塞が最も強く疑われます。

突然の胸痛、左肩の痛み、動悸の頻発、顔の引きつり、冷や汗などは狭心症や心筋梗塞の前触れ症状の可能性があります。心当たりのある人は循環器内科を受診して検査を受けましょう。

動脈硬化が原因で起こる病気として次に注意が必要なのが、脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)があります。動脈硬化や、心臓などから流れてきた血栓によって脳の血管が塞がってしまい、その先にある脳の組織に酸素や栄養(ブドウ糖)が行き届かなくなり、細胞が壊死して脳の機能の一部が失われるのが「脳梗塞」です。

主に高血圧が原因で、脳の深部の細い血管に強い圧力がかかって破裂・出血を起こすのが「脳出血」です。また、脳の太い血管にある未破裂脳動脈瘤が破裂して、脳を覆っているクモ膜と軟膜の間にあるクモ膜下腔に血液が溜まるのが「クモ膜下出血」です。

脳梗塞は突然やってくることは少なく、多くの人は「一過性脳虚血発作(TIA)」を経験しています。これは、激しい頭痛、手足の脱力感、片麻痺、ろれつが回らない、視野の片側が欠ける、物が二重に見えるなどの症状が現れ、5~15分以内で治まる短い発作のことです。

短時間で症状が消えるため、多くの人は「疲労のせいだろう…」などと軽視してしまいがちですが、約2割の人は数年以内に本格的な脳梗塞に襲われているというデータがあります。前触れ症状に心当たりのある人は、脳神経外科の専門医に相談しましょう。

高齢社会の日本で近年急増しているのが、突然死を招くリスクがある「大動脈瘤」と「大動脈解離」です。心臓から出て体の中心を走っている最も太い血管が大動脈ですが、動脈硬化が進行すると、大動脈の内壁の弾力性が失われてしまい、様々な異常が起こります。

老化して脆くなった大動脈の内壁に高血圧、脂質異常などの要因が加わって、コブのように膨らんだ状態になるのが「大動脈瘤」です。そして、大動脈の内壁に亀裂が入り、剥離状態になっているのが「大動脈解離」です。どちらも放置していると、血管が破裂して大出血を起こし死亡することもある恐ろしい状態です。