血液中のコレステロールバランスが崩れると動脈硬化を促進させます
血管の内腔が狭くなる

血液中には、赤血球、白血球、血小板などの細胞のほかにも、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールといった脂質がバランスよく存在しており、血管の健康状態を保っています。

偏った食生活、運動不足などの不摂生を続けていると血液中のコレステロールのバランスが乱れてしまいます。

そうなると悪玉であるLDLコレステロールが増加し、内膜の内皮細胞が傷つき、そこからLDLコレステロールが侵入します。LDLコレステロールに続いて、単玉が入り込み、これがマクロファージと呼ばれる貪食細胞に変わり、LDLコレステロールを食べてくれるのですが、食べ終わると死んでしまい、その死骸が大きくなると動脈硬化の原因となるアテロームを形成します。

このアテロームの中のLDLコレステロールが酸化すると、毒性が強く炎症を引き起こすオキシステロールに変化します。炎症が長引くと、血管壁が肥厚して血管の内腔が狭くなるため、組織や臓器が必要とする酸素や栄養を十分に運搬することができなくなります。炎症が慢性化するとアテロームを覆っている被膜細胞が死んで薄くなります。

さらにマクロファージが分泌する酵素の働きによって内膜も薄くなります。薄くなった被膜や内膜が様々な刺激で破れて潰瘍ができたり、プラークが破裂すると、そのに血小板が集まって、血栓を作ります。この血栓が血管を詰まらせてしまうと、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。