脂質異常症はタイプによって選択される薬も異なります
スタチン系の薬剤

薬物療法は心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患を予防するために、血液中の脂質を低下させる脂質低下薬を用いる治療法です。

3か月以上、食事療法と運動療法を続けてもLDLコレステロールや中性脂肪の数値に改善がみられない場合、担当医師は薬物療法の選択肢も考えます。

ただし、コレステロールや中性脂肪の数値だけで使用する薬剤の種類や量が決定するのではなく、患者さんの年齢、合併症、遺伝的な要因、狭心症や心筋梗塞の発症経験の有無、家族歴なども考慮する必要があります。動脈硬化のリスクが高い、家族性高コレステロール血症の人は、食事・運動療法と並行して、薬物療法が開始されます。

脂質異常症はその3つのタイプによって選択される薬も異なります。心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが高い、高LDLコレステロール血症には、スタチン(肝臓でコレステロールの合成を抑制)、レジン(小腸でのコレステロールの吸収を抑える)、エゼミチブ、プロブコールなどが使用されます。

高中性脂肪血症には、ニコチン酸誘導体やフィブラート系薬(いずれも肝臓での中性脂肪合成を抑制し、血液中の中性脂肪の分解を促進)、EPA製剤(青魚に含まれる不飽和脂肪酸の一種で、血栓をできにくくするなど、動脈硬化の抑制作用が期待できる)などが使用され、2つの混合型には、スタチンを中心にフィブラート系薬やEPA製剤などが追加されることがあります。低HDLコレステロール血症の薬は確立には至っていませんが、高中性脂肪血症の治療をすると、数値が正常になることもあります。

上記の薬で使用頻度が最も高いスタチンは、動脈硬化性疾患の発症や再発予防に効果がありますが、肝機能障害などの服用があります。薬物療法で大切なのは、主治医の指示通り服用し自身の判断で服用をやめたりしないことです。一時的に検査数値に改善が認められても、それは薬の効果によるものですので、薬をやめれば元に戻ってしまいます。