動脈硬化の治療には、脂質異常症の血液検査が欠かせません
採血の様子

血液の中には4種類の脂質(コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸)が含まれていますが、このなかのコレステロールと中性脂肪が増えすぎると「脂質異常症」と診断されます。

従来、コレステロールを悪玉と善玉に区別せず、総コレステロールの数値が一定以上になると「高脂血症」と診断されていましたが、HDLコレステロール(善玉)が少ないとLDLコレステロール(悪玉)の増加につながることがわかってきた現在は「脂質異常症」に名称が変わりました。この状態が長く続くと、動脈硬化が促進され、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上昇します。

コレステロールと中性脂肪は油なので、そのままの状態では血液にうまく溶け込むことができません。そこで、コレステロールや中性脂肪は水と相性の良いタンパク質と複合体を形成して、リポタンパクという粒子の形で血液中に溶け込んで全身に運ばれます。リポタンパクのうち、LDLは、肝臓から体の隅々に運ばれます。コレステロールや中性脂肪が増加しすぎると動脈硬化を促進するため、悪玉コレステロールと呼ばれます。

一方、HDLは、血管壁にたまったコレステロールや中性脂肪を肝臓に回収して、動脈硬化を防止する働きがあるため、善玉コレステロールと呼ばれています。HDLが減少すると、余分なコレステロールが回収されずに血管や組織に蓄積されるため、動脈硬化につながります。

動脈硬化を治療するためには、脂質異常症の検査と診断が必要です。狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化疾患を引き起こす危険因子である脂質異常症を治療すれば、発症や進行を予防することができます。

脂質異常症には、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症があり、血液検査でそれぞれの数値を診ることで診断を行います。血液検査で脂質異常症の診断はできますが、動脈硬化の程度や合併症のリスクがどのくらいあるのかまではわかりません。これまでの研究により、脂質異常症が動脈硬化を進行させ、狭心症や心筋国足の発症に関係があること、これらを治療すると発症予防につながることがわかっています。

血液は全身を巡るため、体の様々な情報を教えてくれる貴重な情報源です。血液検査は、健康状態を知るうえで基本となる重要な検査です。定期的に血液検査を受けて、脂質異常症をコントロールすることが大切です。

検査の結果、脂質異常症と診断されても、直ちに薬物療法を行うことはありません。また、画像診断検査の結果、動脈硬化が進行していて血管の狭窄や閉塞が認められても、外科的治療を直ちに行うわけではありません。動脈硬化のもとなるのは、脂質異常症です。まず禁煙、食事の改善、運動による適正体重の維持、ストレスの軽減などで乱れた資質バランスを正して動脈硬化の進行を抑え、心筋梗塞や脳梗塞などを予防します。